今日も一日暑さと闘いながら仕事をしてきた。
僕の仕事は製造業だが、エアコンがないので、涼むものといえばもっぱら扇風機である。と言っても、こうも暑いと扇風機の風もぬるくなってしまいがちで、あまり効果はない。
至近距離で作業服の中に風を送れば涼しいが、何度もそんなことをしているとなかなか仕事が進まない。

ところで僕の職場は、10時、昼、15時の基本休憩でタバコを吸うのが普通である。
しかし定員1名という制限はつくものの、それ以外にも9時、11時、14時、16時にも喫煙可能。
要するにタバコ休憩として1時間に1回タバコが吸えるということなのだ。

これは、タバコを吸っている身としてはとてもありがたい計らいである。過去の喫煙者の先輩たち様々だ。だけども、これから禁煙を始めようとなると、事情は大きく変わってくる。

今までは1時間仕事をするたびに、休憩がてらタバコを吸うことができた。それは他の喫煙者たちも同じことで、時間が来れば1人づつ、入れ替わりでタバコを吸いにくる。
それだけなら全然いいのだけど、タチの悪いことに、僕の持ち場のすぐ横に灰皿が置いてあるのだ。
これでは禁煙していても、誘惑が多すぎて、すぐにタバコを吸いたくなってしまうだろう。というか、実際に3ヶ月で禁煙に失敗したときも、このタバコ休憩の誘惑に負けて、貰いタバコをしてしまったのである。

さらに、このタバコ休憩のメリットはもう1つある。
そのメリットというのは、椅子に腰掛けてゆっくりとタバコを一服できるという点である。特にこのクソ暑い夏場、非喫煙者が汗水垂らしながら一生懸命に仕事を頑張っている中で、のうのうと煙を吸ったり吐いたりすることができるのである。
もちろんタバコを吸わない人たちも、用もなくしれっとトイレに行ったり、ゆっくりお茶を飲んだりして休憩するのだが、それは喫煙者でもできることであって、特権ではないのだ。

こういったことを踏まえて禁煙することは不安でたまらないが、やはり経済的に自分の生活をよくしたいと考えると踏ん張りどころなのである。

ところで、現在の僕の全財産についてだが、財布に3,792円、通帳に7円しかない。

そのほかに定期預金が60,000円ほど貯まってはいるが、年末に奨学金が72,000円、3月には自動車保険の年払い50,000円がそれぞれ引き落とされるので、これはおいておかなくてはならない。

この定期預金はATMでは下ろすことができず、平日に窓口で手続きをしなければ使えないお金である。
意志の弱い僕のことだから、こうしておかないとすぐに使ってしまうだろう。

実はパチンコで7万負けたときに、仕事を休んでこのお金を下ろそうと思っていた。でも、近々まとまったお金が入る予定なので我慢しているところである。

予想では、少なめに見積もって約40万入金される予定だが、妻に28万の借金(ギャンブルでできた借金ではない)があるため、残りはおよそ12万。
お盆までには入金される予定なのだけど、連休中にパチンコに行ってしまいそうな予感がしている。

にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ
にほんブログ村